Googleにクロール依頼を出してすばやくインデックス登録させる

SEO

サイトが作りたての場合、検索してもなかなか検索結果に表示されないことがあります。 sitemap.xml を送信するのが一般的な方法ですが、実はもっとすばやくインデックスされる方法があります。 それが Google へのクロール依頼です。

この記事は2018年4月に書かれたものです。現在この「Fetch as Google」は提供されていません。代わりに「URL 検査」というメニューからインデックスをリクエストすることができます。

Fetch as Google を開く

クロール依頼を出すのに使うのは、サーチコンソールの Fetch as Google という機能です。

サーチコンソールにアクセスしたら、クロール依頼を出したい URL のあるドメインのダッシュボードを開き、左メニューの「クロール->Fetch as Google」をクリックします。

画像とサーチコンソールの表示が異なる場合、 新サーチコンソール(beta) になっている可能性があります。


2018/04 現在、新しいサーチコンソールでは Fatch as Google は使用できないため、「以前のバージョンに戻す」をクリックして一時的に旧サーチコンソールに戻しておきます。

クロール依頼を出す

今回は例として、サイト全体をクロールしてもらうよう依頼します。


入力欄を空欄にして取得ボタンを押すことでトップページのクロールを出すことができますので、Googlebot の種類を PC にして、取得ボタンをクリックします。

すると下に取得した URL とその詳細が表示されるので、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

インデックス登録をリクエストが表示されない場合、ステータスエラーが発生している可能性があります。 取得したステータスが「完了」「一部」「リダイレクトされました」以外のときは、インデックス登録は送信できません。 インデックス登録が送信できないときは robots.txt で Googlebot のアクセスを禁止していないかや、そもそもサーチコンソールに登録したドメインが間違っていないか確認しましょう。

今回はサイト全体をクロールしてもらいたいので「URL と直リンクをクロールする」を選択して送信します。 すると取得した URL と、その URL からつながっているリンク先をクロールしてくれます。 「URL と直リンクをクロールする」を選択できるのは月に 10 回までなので、よく考えて使うようにします。

サイト全体を大きく更新した際はトップのパスを取得して「URL と直リンクをクロールする」を選択して送信、どうしてもすぐにインデックス登録してほしい新着記事や修正した記事を送信する際は URL を直接入力欄に入力して「この URL のみをクロールする」を選択して送信するのがよいと思います。


画像のように表示されたら完了です。 これだと PC の検索結果にしかインデックス登録されないので、Googlebot の種類をモバイルにして同様の手順を踏んでおきます。

インデックス登録されているかどうか確認する

インデックス登録がされているかどうか確認するには、「site:」か「info:」を使用します。

「site:自分のサイトのドメイン名」と Google で検索すると、そのドメインにアップロードされている URL がインデックス登録されているかどうか確認することができます。 ただし、「site:」で表示されるのは一部の URL のみです。「site:」では表示されない URL も存在します。 site:で表示されない場合は info: を使用してみましょう。

info:の場合は URL が完全一致したものがインデックス登録されているかどうか確認することができ、さらにインデックス登録されているものは必ず表示されます。 ただし、info:の場合はほんの少しの違いも許容されないため、以下のような違いがあると表示されません。info:で確認するときは気をつけてください。

正しい URL がhttps://rimane.net/search-console-838/の場合、 info:https://rimane.net/search-console-838/ では表示されますが、 info:https://rimane.net/search-console-838 では表示されません。

また、この Fetch as Google ですが、Google 社は「インデックス登録を保証するものではない」としています。そのため、クロール依頼を出してもインデックス登録されなかったり、インデックス登録されるのに数日かかったりすることもあります。 しかし、この記事を投稿した直後にこのページのパスでクロール依頼を出したところ、数秒以内にインデックス登録されましたので、結構ばらつきがありそうです。

広告

関連記事

新着記事

広告