jsp を使って Hello World をブラウザ上に表示する【Java Servlet】

Java

新たな言語を学ぶにあたって、とりあえず Hello world する方法が知りたい……というプログラマや駆け出しエンジニアの方は多いと思います。僕もそのひとりです。

ということでこの記事では、jsp ファイルを使って Hello World という文字列をブラウザ上に表示する方法を解説します。

作業環境は以下になります。

  • Eclipse 4.4
  • Tomcat 8
スポンサーリンク

動的 Web プロジェクトを作成する

パースペクティブを Java EE に設定することで、動的プロジェクトを作成できるようになります。

Eclipse の右上にあるパースペクティブから Java EE を選択しましょう。

Java EE が存在しない場合は以下の手順で追加します。

メニューバー -> パースペクティブを開く -> その他 -> Java EE をクリックします。

すると Java EE のパースペクティブが追加されます。

プロジェクト・エクスプローラーのなにもないところで右クリックすると現れるメニューで 新規 -> 動的 Web プロジェクト をクリック。

プロジェクト名を任意の名前、ターゲット・ランタイムを Tomcat8(Java8)にして、 次へ をクリックします。

(今回は Servlet というプロジェクト名にしました)

次へをクリック。

完了をクリックします。

するとプロジェクトがエクスプローラーに追加されます。

JSP ファイルを実行するための準備

jsp ファイルを実行するための準備をしていきます。

  • ファイルの作成
  • ソースの記述

以上をおこなっていきます。

JSP ファイルを作成

Hello World を表示するため、jsp ファイルを作ります。

先ほど作ったプロジェクトの上で右クリックし、現れたメニューから 新規 -> JSPファイル を選択します。

任意のファイル名を入力し、完了をクリック。

(今回は helloworld.jsp というファイル名にしました)

すると WebContent というディレクトリに jsp ファイルが生成されます。

jsp ファイルにソースコードを記述

とりあえずページタイトルと大見出しに「Hello World」と入れることにします。 上記画像のようなソースコードになりました。

ブラウザ上に表示したい部分は、基本的に<body>~</body>の中に書くようにします。

はじめの数行はおまじないのようなものだと思ってください。基本的に書き換えることはないはずです。

通常、Web ページはHTMLというファイルで作成されています。ですが、HTMLはプログラムを書くためのファイルではないので、演算処理はもちろん、変数の代入すらできません。

そんな HTML に Java で力添えするのが JSP です。

JSP ファイルは「Java Servlet Page」の略で、はじめは「Java が使える HTML ファイル」のようなものと考えれば問題ないと思います。

サーバを起動して実行してみる

JSP ファイルを実行するにはサーバが必要です。今回は Tomcat をローカル環境で起動して実行することにします。

初回の場合はサーバーを作成する必要がある

初回は下部のサーバータブを開いても「使用可能なサーバーがありません。このリンクをクリックして新規サーバーを作成してください…」と表示されており、サーバーが起動できません。

これに従い、リンクをクリックしてみると、画像のように新規サーバーの定義が行なえます。

今回は Tomcat8 の環境で実行したいので、サーバーのタイプを Tomcat v8.0 サーバーを選択して 次へ をクリックします。

サーバーに追加したいプロジェクトを選択します。

先ほど作ったプロジェクトを選択し、「追加」ボタンを押してください。画像では「Servlet」がそのプロジェクトになります。

(一つしかなければすべて追加を押しても大丈夫です)

プロジェクトが構成済みに移動すれば追加は成功です。右に移動したことを確認したら、「完了」をクリックします。

JSP ファイルを選択して実行する

プロジェクトから先ほどコードを書き込んだファイルを右クリックで選択し、現れたメニューから 実行 -> サーバーで実行 をクリックします。

するとどのサーバーで実行するのかをたずねられます。使用するサーバーを選択し、完了をクリックします。

コンソール上に大量の文字列が流れたあと、サーバーが起動して自動でページが表示されます。

JSP ファイルに記述したソースコード通り、ページタイトルと大見出しに Hello World と表示されたページが開かれました。

ちなみに Web ページには URL というものがあるわけですが、今回のような環境の場合、「localhost:8080/プロジェクト名/jspファイル名」という URL になります。

Tomcat 起動中であればこのURLにアクセスすることでどのブラウザからでもページが確認できるので、気になる人は試してみてください。

これでやりたかったことは一通りできました。

確認を済ませたら、下部のタブのサーバーから、始動中のサーバーを右クリック -> 停止しておくことを忘れないようにしましょう。
結構忘れがちです。

JSP ファイル内で変数を使ってみる

これだけでは普通に HTML を書くのと大差ないので、Java でやる意味がありません。

簡単な応用として、変数を使ってみます。

上記画像では str という変数に Hello World! という文字列を代入して、4つほど表示するというソースコードを書きました。

通常、JSP には HTML を記述することになりますが、<% %>で囲った範囲内では、Java のソースコードを書くことができます。 この範囲内、あるいは記号のことをスクリプトレットと呼びます。

<% %> と <%= %> の2つがありますが、表示するかどうかという違いがあるだけです。

<% %> の中で処理した結果はブラウザ上に表示されません。逆に、 <%= %> の中に記述した内容は処理したあとにブラウザ上に表示されます。

では、実際に実行して確認してみます。

文字を代入する処理はどこにも表示されておらず、変数の内容だけが表示されていることがわかります。

確認を終えたら、サーバを停止しておくことを忘れずに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました