午前0時を回る頃

自分が12歳になった日の夜、千春は姉の千里がナイフで刺されている現場を目撃して犯人とも鉢合わせしてしまった。
しかもその犯人は二人の従姉の秀美さんだった。
※この作品は、僕がシナリオを担当したフリーノベルゲーム『人形と刃とGL』を改題し、小説にしたものです。

スポンサーリンク
午前0時を回る頃

3 一週間前(終)

3「ええー! マジ!?」「ちょ! やめてよ美沙子ちゃん。声大きいって」「いやあ、ごめんごめん。でも普通びっくりするって。イトコを好きになっちゃうなんて」「だよね……。私、おかしいのかな」「うーん、確かに今の時代じゃタブー視されるし、周りから...
午前0時を回る頃

2 当日

2「それじゃ倉井先輩。お疲れ様ですー」「美沙子さんもお疲れ様。お先に失礼するわね」 十月二十二日。今日は仕事を少し早めに切り上げさせてもらい、ケーキ屋さんに寄った。予約しておいたケーキを受け取って自宅に車を走らせる。 今日は私の従妹二人を家...
午前0時を回る頃

1 四年後

1 水たまりの多い小路を抜けた先。『お悩み相談受付中! 法律は弱い者の味方です』 恐らく雨水対策のされている看板に貼り付けられた、某弁護士事務所の宣伝チラシが視界に入り虫唾が走った。 思わず顔を歪めてしまう。何が弱い者の味方だ。  いや……...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました